霊園は最期の家|魂が安らげる場所を探そう

花

色々とある葬式の形態

数珠

近頃では、以前と比べて、色々な葬儀形態があります。横浜市で特に人気を集めているのが、直葬です。直葬とは、通夜・告別式を全く行わずに、病院から直接火葬場でお骨を焼く葬儀形態です。横浜市で直葬が人気となっている理由は、葬儀にかかる費用を節約できるからです。一般的な葬儀の場合、祭壇、花、供物、会場のレンタル代など色々なお金がかかります。また、僧侶へのお布施代、戒名料も高額で、全部合わせると何百万円もかかってしまいます。その一方で、横浜市で人気の直葬は、葬儀を行う会場、供物を準備する必要もないです。直葬で請求されるのは、火葬代、遺体の運搬、埋葬費用などです。それらを合わせて、およそ20万円くらいととてもリーズナブルです。

直葬は、故人の親しい家族、親族などが出席して行われます。葬儀に付き物の高額な費用を安くすることができるので、横浜市では人気を呼んでいます。実は、直葬をつつがなく執り行うためには、必ず菩提寺と事前に相談する事が大事です。なぜなら、日本では、昔から菩提寺と葬儀は切っても切れない関係だからです。葬儀の際には、菩提寺の住職が読経をあげる事が決まりとなっているのです。勝手に何も知らせないまま直葬を行うと、菩提寺院は良い気分がしないものです。菩提寺は、私たちの先祖から受け継いでいるお墓をきちんと管理してくれているのです。なので、横浜市で直葬にしたい場合は、必ず事前に寺の住職や僧侶に伝えておくことが礼儀です。